予防することも可能|無理なく着実に痩せる|肥満外来でダイエット
ナース

無理なく着実に痩せる|肥満外来でダイエット

予防することも可能

診察

C型肝炎はウィルス性であり、感染する恐れがあります。感染の経路は様々にありますが、代表的な感染経路を把握しておくだけで、感染を未然に予防することができるのです。経路としてはまず他人の血に触れないということがあります。人の血に直接触れることが無くても、人の血に触れたカミソリなどを触ってしまったりなど、間接的に血液に触れる可能性はあります。また、ピアスなどのようなアクセサリーを使用する際や、そのために穴を開けようとした際に、清潔な器具を利用するということも大切です。衛生的にあまりよろしくない器具を使ったり、他人が使った器具を使うことで、C型肝炎にかかってしまう可能性もあります。しかし、そういった器具の扱いや、他人の血液に触れないようにするなどをすれば、C型肝炎にかかる可能性は大きく減少します。

C型肝炎は自覚症状も持ちづらい病気の一つです。そのため、自分がC型肝炎にかかっていたとしても気づかずに生活をしてしまう可能性があります。これによって治療が遅れる可能性が考えられますが、それ以上に感染の拡大を促してしまう可能性も考えられるのです。知らない間に他人に移してしまい感染の拡大を促してしまえば、家恋人などに迷惑をかける可能性があります。そのため、自らが予防を行なうと共に、恋人への接触方法についても考えなければなりません。そんな感染を防ぐ方法の一つとして、性交渉を行なう際にコンドームを利用するという方法があります。コンドームを利用すれば、お互いの性器が直接触れないので、C型肝炎の感染を防ぐことが出来るのです。